トップヒートバリア遮熱工法

世界一高性能な遮熱シート「トップヒートバリア」

「トップヒートバリアー」遮熱シートは、アメリカのNASAで開発された高性能な遮熱シートです。

超高温、超低温となる宇宙の過酷な温度環境下では、従来の断熱材ではとても対応する事ができません。

宇宙船内の温度を保つための高性能な遮熱材の開発から生まれました。この最先端の素材を、日本の技術で改良を重ね、世界一高性能な遮熱シートとして生まれたのが「トップヒートバリアー」です。

「トップヒートバリアー」は、99%の高純度アルミニウムを使用した、建物内を移動する熱の大半を占める「輻射熱」の、なんと97%を反射し、その性能は世界一と評価されています。私たちは、この高性能な「トップヒートバリアー」を使用して、快適な暮らしと、環境に優しい省エネ効果に優れた環境をご提供いたします。

トップヒートバリア施工で、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。

夏は、太陽からの輻射熱が人体に照射されることにより、身体自体が熱を発し暑くなります。

冬は、室内の熱が屋外に逃げて行ってしまって室内が寒くなります。
99%の高純度アルミニウムを使用した「トップヒートバリアー」は、建物内を移動する熱の大半を占める「輻射熱」の、なんと97%を反射します!

だから、夏は輻射熱を反射させ涼しくし、冬は室内の熱を屋外に逃がしませんし、屋外の熱も室内にとり取り込みませんので暖かいままで、大幅な省エネ効果をもたらします。

トップヒートバリアの遮熱効果で、エアコン無しで涼しく過ごせます。

エアコンを使用しないと室温は外気温により上昇しますが、遮熱する事により室内温度は外気温より下がります。

更に輻射熱がカットされる事により体感温度が変わりますで、エアコンなしでも涼しく過ごすことが出来るようになります。

冷凍・冷蔵庫の温度管理や、結露防止対策にも優れた効果を発揮します。

冷凍庫や冷蔵庫への「トップヒートバリアー」施工によって、これまでの効率の悪い温度管理が、大変効率の良い温度管理へと変化します。

冷気を逃がさない効果により、庫内は常に冷気に満たされ、温度変化も少ないことから、冷却にかかる電力量も抑えられます。少ない電気の利用により、大きな省エネ効果が期待出来るのです。

また、従来のアルミシートでは、壁の中の湿気まで閉じこめてしまい、結露を起こしやすいという欠点もありました。「トップヒートバリアー」はカビや漏電も防ぐ、結露防止効果もあります。

トップヒートバリアで寒かった浴室もあったか♪
ラッピング工法

反射型断熱材遮熱シート(トップヒートバリア)を使用した浴室断熱工事

冬場でも浴室が暖かく快適に♪

冬場など特に暖まりにくく、足元がヒヤっとしがちな浴室も、遮熱シートの中にユニットバスを組み立てる事でよく室内の熱を逃がさないので抜群の暖かさです♪外部との温度差も無くなるので結露も防げます。

<トップヒートバリアのおすすめポイント>

断熱性能が一般的な断熱材の約3倍と断然違います!

<一般的な断熱材の場合>
熱貫流抵抗値 R = 1.7 ㎡・K/W

<トップヒートバリアの場合>
熱貫流抵抗値 R = 5.333 ㎡・K/W

※数値が大きいほど熱を逃がしません!

施工のポイント

  • 解体中
    壁や床のタイルも、天井もはがします。(解体中に見つけた柱や土台の腐蝕、金物のズレ等を修正。更に壁内部の断熱材も補修しておく事で後々も 安心

  • 遮熱シート施工

  • 天井までしっかり包みます。

  • 窓廻りは開口に合せて一度切り抜いてから、側面を貼り合せます。

  • ユニットバスの組立
    フレームに緩衝しそうな箇所は予めスペーサーを準備しておきます。 組立の作業中、遮熱シートをキズ付けたりする事もあるので、補修用

工場やビル、店舗などの冷暖房費の削減をお考えの方必見!
屋根外壁の直貼り新工法「ATIS&AYAS」

新工法「ATIS」

新工法「ATIS」のメカニズム

金属、セラミック、木材、樹脂、コンクリート等あらゆる素材にトップヒートバリアーを空気層に作らずに直接取り付け、素材自体を遮熱材化できる万能遮熱工法です。

<ATISトタン屋根の実証実験>

気温32℃の炎天下で、通常のトタン屋根とATIS構造のトタン屋根との温度測定

ATISを屋根に施工すると・・・夏場のピーク時の屋根から熱量の94%をカット!!

新工法「AYAS」

新工法「AYAS」のメカニズム

従来の性能はほとんどそのままで、作業効率の向上や使用材料の削減を実現!

従来の遮熱工法による遮熱材の高反射性能と、新工法「ATIS」の2つの性能を掛け合わせた工法です。

<特徴&メリット>

  1. 抜群の遮熱効果で大幅な省エネルギーが実現可能
  2. 遮熱材を取り付ける軽天材や空気層を設ける銅縁などの取り付けが不要
  3. 熱供給側の空気層が不要なので、スペースの有効利用が可能
  4. 施工面積が実面積に限りなく近いので、材料費が大幅に削減できる
  5. 新築、既存建物を問わず対応できる
  6. タンクや乾燥炉の保温など、多くの設備に利用可能
  7. 金属、コンクリート、レンガ、プラスチック、木材などあらゆる素材に使用可能